ニューレジストンTOP>製品情報>砥石の基礎知識>安全の手引き>砥石を正しく使うための重要事項
サイト内検索
無料サンプル・ニューレジストン

砥石を正しく使うための重要事項

警告

すべきこと

  • 製品の取扱いは、”ころがすな・落とすな・ぶつけるな”の三原則を守ってください。オフセット研削砥石は整理棚など乾燥した場所で保管してください。切断砥石は直射日光を避け、湿気のない場所で台板に平積みで保管してください。
  • 砥石は必ず先入れ先出しで使用してください。
  • 機械に取り付ける前に、砥石のひび・われ・かけなどの外観検査と、打音検査を行ってください。
  • 砥石に表示されている最高使用周速度・寸法などが、機械に適合していることを確認してください。
  • グラインダへの装着時は、必ず手工具でしっかり締めて固定してください。
  • フランジは、外径と接触幅が左右等しく、適正なものを使用してください。
  • 砥石についているラベルは、はがさずそのまま使用してください。ラベルに汚れや破れのないことを確認してください。
  • 砥石を取り付ける前に必ず回転方向を確認してください。
  • オフセット研削砥石は原則として15~30°の角度で使用してください。
  • 砥石カバーはディスクグラインダで使用する場合、常に砥石の1/2以上をおおう適正なもの、高速切断機で使用する場合、常に砥石開口部が150°以内のものを使用してください。
  • その日の作業開始前に1分間以上、砥石を取り替えた時は3分間以上の試運転を行ってください。携帯用グラインダの場合は、特に安全な場所を選んで試運転を行ってください。
  • 加工物はしっかりと固定、保持してください。作業中は保護メガネ・防じんマスク・防音保護具(耳栓など)・防護手袋などの保護具を着用してください。
  • 火花の飛散を、しゃへい板などで防止してください。
  • 呼吸器疾患を防止するため、作業中は粉じんの発散防止と十分な換気を行ってください。
  • 付属の専用パットは必ずご使用ください。
  • 砥石が変形磨耗を起こした場合、ドレッシングまたはツルーイングを行ってください。

してはいけないこと

  • 落としたり、ぶつけた砥石、検査で異常があった砥石は使用しないでください。
  • 砥石の孔径が機械に適合しない時、砥石を無理に押し込んだり、孔径の改修をしないでください。
  • 製品に表示されている最高使用周速度をこえて使用しないでください。
  • 砥石と接触面に変形・キズ・汚れ・サビのあるフランジや、ラベル片など異物の付着したフランジ、磨耗したフランジをそのまま使用しないでください。また、逃げ部のないフランジを使用しないでください。
  • 製品をフランジや切断機に取り付ける場合、ナットを締めすぎないでください。
  • 水や研削液を使用した作業を行わないでください。
  • 切断と石では、砥石の側面を使用した切断作業を行わないでください。また、オフセット研削砥石の上面などの使用面以外を使用しないでください。
  • 砥石カバーを取り付ける前に、砥石を回転させないでください。
  • 砥石を無理に加工物に押し付けないでください。
  • 回転中の砥石に手・指・足など直接身体を触れないでください。
  • 試運転中に、砥石の回転方向の前に立たないでください。
  • ディスクグラインダ作業で、砥石の回転が完全に止まらないうちにグラインダを台、床、加工物などの上に置かないでください。
  • 引火、爆発の恐れがある場所で、作業を行わないでください。
  • 作業中に火花の飛ぶ範囲内に立ち入らないでください。
  • 砥石の外周にすじや切り込みを入れたり、外周の一部を切除するなどの加工や改修を行わないでください。
  • 研削砥石に関する安全講習(特別教育)を受けないで、製品の取替え、試運転を行わないでください。

ニューレジストン製品を安全にご使用いただくために